アルミ製のエアブラシは…  


アルミ製のエアブラシは軽くて良いのですが、弱さがネックだと思います。

ワンタッチのプラグと一緒にエアーバルブの部分が回ってしまったので、プライヤーで締め直しをしようとしたら、なんだかグニャっとなったような…。
アルミは柔らかいのでエアーブラシの表面にも傷がつきやすい感じがします。
アルミ製となって軽くて良い!という面もありますが、アルミは柔らかいので傷や変型の心配が出てきます。
エアーブラシは精度が命なのですが、ちょっとした変型によって精度が狂ってしまいエアーブラシの先から出てくる霧にも影響しかねないと私は思っています。

大切に扱っていれば大丈夫なのかもしれませんが、TOTAL-Tの現場仕事のような過酷な状況にも耐えてくれるエアーブラシは従来品の方が良さそうです。

リーズナブルに手軽にファッショナブルにエアーブラシ!という面ではアルミ製が優位ですが、プロの方が末永く愛用していくエアーブラシは少々値段が高くても高精度高耐久のエアーブラシがよろしいと私は思います。

エアーブラシをちょっと始めてみようかな?というような初心者の方やエアーブラシの扱いにまだ慣れていない方が入門用エアーブラシに!とか、使い捨て感覚でエアーブラシを次々と買っていく人等には近頃流行りのリーズナブルなアルミ製新エアーブラシが向いていると思います。

写真のエアテックスB4はカップサイズや口径サイズがいろいろと変更出来るところが良いところです。
私の場合は口径サイズを0.7ミリ仕様にして体へのボディーペイント時などに使っております。0.7ミリの口径サイズに変更しての使用は異質だと思われるかもしれませんが、エアーブラシに慣れてくると段々と使用する口径サイズが大きくなっていきます。大きい口径サイズで万能的に使えるようになってくるんです。
エアーブラシを楽しまれる方、理解者も段々と増えてきましたし、ボディーペイントやセルフヘルメットペイント等も流行ってきましたので、これから先は0.5~1ミリくらいの口径サイズのエアーブラシも流行りに合わせてじわじわと出ていくと予測しております。

なにはともあれ
皆さんもENJOY AIRBRUSH !です。
edit

コメントの投稿

非公開コメント

Translation
世界各国の人が読めます。
プロフィール

エアーブラシ男 【T】

Author:エアーブラシ男 【T】
ホームページは こちら
FBページは こちら

カテゴリー
ツイート
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
更新履歴


牛のエアーブラシ絵… (03/03)

DIYで棚を作ってみた… (02/28)

ゴールが見えないのがエアーブラシの世界… なかなか描き終わりません… (02/26)

総記事数:
リンク
YouTube
エアーブラシペイント作品
QRコード
QR