例えばこんなカスタムとか…  



これは、押しボタンレバーをチェンジしたエアーブラシカスタムです。

この小判型押しボタンレバーを好んでいるエアーブラシペインターも多いと思いますが、私もそんな中のひとりです。

オリンポスのMPシリーズの場合はそれに合う小判型押しボタンレバーがないので変えられませんが、イワタのCMシリーズならばそれが可能です。
 
今日はイワタのCM-SBをさわって遊んでいたのですが・・・

CM-SBのサイド塗料カップは良く考えてみたら使い勝手が良さそうな感じがしました。
こんど超精密な絵の時に使って試してみます。
 
イワタのCMシリーズは低空気量低空気圧でも霧が綺麗に出てくれる仕組みとなっております。
その秘密は↓

この部分にお金がかかっているのでイワタのCMシリーズやオリンポスのMPシリーズは値段が高いのです。
オリンポスのMPシリーズは最初からこのヘッド部分のスペアーも付いているからiwataのよりも値段が高くても当たり前ですね。ヘッド部分をパーツとして購入すれば両社共にその値段は1万円を超えているので良く考えてみればオリンポスの方が安いのかも?!
さてさて、どっちの高級エアーブラシを買った方が得なのだ?って感じですね!
私はこうやってブログやDVDや通販ページの中でエアーブラシの事をいろいろと説明しておりますが、個人の好みとかもあるでしょうから実際に購入して使ってみないことには自分に合っているかどうかは良くわからないところです。最終的にはそれぞれの判断で決めていくしかないですね。

私からエアーブラシについての詳細を聞きたければ、まずはエアーブラシ虎の巻DVD等を買って頂かないことには始まりません。(ちょっとイヤな言い方かもしれませんがお許し下さい。)

私はエアーブラシについてなら馬鹿が付くくらいに詳しいところが特徴です。

昔から今現在でも質問攻めの嵐に合っているので、それを仕事としてやっております。

私は毎日エアーブラシを触っておりますが、飽きないです。楽しいです!
皆さんも私と一緒にエアーブラシを楽しんでいきませんか?!
edit

コメントの投稿

非公開コメント

Translation
世界各国の人が読めます。
プロフィール

エアーブラシ男 【T】

Author:エアーブラシ男 【T】
ホームページは こちら
FBページは こちら

カテゴリー
ツイート
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
更新履歴


牛のエアーブラシ絵… (03/03)

DIYで棚を作ってみた… (02/28)

ゴールが見えないのがエアーブラシの世界… なかなか描き終わりません… (02/26)

総記事数:
リンク
YouTube
エアーブラシペイント作品
QRコード
QR