頼ってはいけない!

エアーブラシ教室もいろいろとありますが、教え方も様々です。

型や下書きトレースに頼っての絵の描き方を教えて一日に数万円もとっているところももたくさんありますが、私のところでは型や下書きトレースに頼らずにエアーブラシの特徴を活かした絵の描き方を教えているのが最大の特徴です。

定規を使用して直線を引くのは誰にでも出来る低い技術。
コンパスを使用して円を書くのも誰にでも出来る低い技術。
型や下書きトレースに頼っての絵を描くのも低い技術。
人気のありそうな特殊な塗料に頼って絵を描くのも低い技術。
誰にでも出来るような低いレベルの技術講習で一日何万円というのはちょっと高い気がします。

基本をしっかりと抑えつつ、エアーブラシを使えば型や下書きトレースに頼らなくても絵が描けていく!絵心なしからでも全然大丈夫!ということを私は人に教えています。そこが私のエアーブラシの教え方の大きな特徴です。
エアーブラシの特徴を上手く活用すれば、絵心に自信のない自分にも絵が描けるんだ!ということに気づくことが出来ます。

しかし、そんな特徴を押さずして型やトレースに頼っての簡単な絵の描き方(塗り絵のやり方)を教えているエアーブラシ教室がすごく多い!(困)
低レベルな技術を教えて大きな受講料をとっているところが多い!(困)
良いことばかり並べて、ウソや隠し事をしながら商売している人が多い!(困)
言いたくない気持ちはわからないでもないが、下書きトレース等に頼っての絵の描き方を教えているのならそのことを隠そうとしないではっきりと言ってほしい!(願)



頼ってはいけない!
というタイトルなのでついでにもうひとつ。

エアーブラシの後ろによくついている調整機構についてお話します。
プリセットハンドルとかニードルアジャスターとか呼びかたは様々ですが、
いつまでもそれを頼っていてはイカン!という私のこだわりがあります。
こだわりというよりも、それがあっても使わないことがほとんど(99パーセント)なのです。
エアーブラシの熟練者であれば、誰もが無いほうが良い!使わない!と答えるはずですし、頼らないほうが良いと人にも教えていくはずです。
なのに、それがあると便利だと言っている人が結構多いんです。(販売店やうんちくを並べる人)
そんな人もエアーブラシをやればやるほどに無いほうが良いと言うようになっていくと思います。

こんなことを言っている私の気持ちやその訳が、あなたもエアーブラシをやっていくほどにわかってくると思います。
昔からそう思っていた私では決してありませんが、エアーブラシをやっていくほどに段々と気づいていったのです。

簡単で楽が良い!楽をして儲かれば良い!自分さえ儲かれば・・・というようなことが先行してしまいがちな現代ではありますが、このままではダメ人間が増えてきて世の中メチャクチャになっていってしまうと私は思います。

エアーブラシは人間性も鍛えてくれる道具だと私は思います。
やればやるほどに人間性も良くなっていくすばらしい道具だと思います。

絵を描くということはすばらしい事。
自分の弱点に気づき、そこを鍛えていけばいいんです。
いつまでも甘えていてはいけないんです。
いつまでも頼っていてはいけないんです。

LET'S ENJOY AIRBRUSH

edit

コメントの投稿

非公開コメント

Translation
世界各国の人が読めます。
プロフィール

エアーブラシ男 【T】

Author:エアーブラシ男 【T】
ホームページは こちら
FBページは こちら

カテゴリー
ツイート
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
検索フォーム
更新履歴


ここまでやったけど、明日から描き直します! (02/24)

今日もエアーブラシ生配信 (02/20)

エアーブラシでユンボに牛の絵・・・。只今、YouTubeで生配信中です。 (02/19)

総記事数:
リンク
YouTube
エアーブラシペイント作品
QRコード
QR