エアーブラシのハウツー本

エアーブラシのハウツー本・・・

今は本を見る時代じゃなくて、ネットを見る時代・・・

時代が進んでいくにつれていろいろな事が進化&変化していく・・・


昔と比べてエアーブラシの広まり方とかも進化と変化がある・・・

現在私は53歳、20才くらいの頃からエアーブラシと関わりはじめて30年くらいの時が経って、今でもエアーブラシと関わっている・・・   

私にとってのエアーブラシは、楽しくてやりがいのある事だから30年以上続けているのだと思います。

簡単すぎず難しすぎないエアーブラシ・・・  でも、奥はとても深い・・・
そんなエアーブラシだからずっと続けていられるのだと思います。


SNSで上手くつぶやきながらイケイケモードでエアーブラシを広げている人がいるみたいだけど、
私は、上から目線的に偉そうにしているエアーブラシ先生は大嫌い! ビックマウスとかも・・・。

私は私なりのやり方で、これから先もエアーブラシの事をいろいろ教え広めていきますねっ!

私が2003年に作ったエアーブラシのハウツー本も、チラっと読んでみて下さい!

→ https://www.airbrush-school.com/product-list/83

01_20200726083717401.jpg



関連記事
edit

エアーブラシのメッキ状態について・・・

オリンポスエアーブラシの新品を買ったのですが、メッキが・・・ と言ってくる方が時々いらっしゃいます。

エアーブラシのメッキ状態にすごくこだわる人は、オリンポスエアーブラシを買わない方がいいです。

オリンポスエアーブラシは近年に製造されたエアーブラシではないので、深い塗料カップ仕様の場合はメッキがカップ底部まで入っていない場合があります。(PC-102BやPC-102Cの塗料カップ内底部にメッキが上手く入っていない事が多いです。)

見た目を重視するオリンポスエアーブラシファン(愛用者)はほとんどいません。
エアーブラシで最も大切なのは、メッキの綺麗さとかの外見よりも使用感の良さじゃないかな~。

写真は、私のエアーブラシ仲間が毎日使い込んでいた IWATA HP-BP の写真です。
塗料カップの深さがそんなに深くないエアーブラシであっても、毎日使い込んでいけばこんな状態になります。

--------------------------------------------------------


他社の日本製エアーブラシの場合でも毎日愛用していけば、メッキが剥がれていきます。

綺麗なメッキを楽しむのも良いかもしれませんが、
メッキが剥がれるくらいに愛用していってくれた方がエアーブラシ自体も喜びます。


Even in the case of another company's Japanese-made air brush, plating will peel if it is used daily.

It may be good to enjoy beautiful plating,
The airbrush itself is also delighted if you love it so much that the plating is peeled off.



関連記事
edit
Translation
世界各国の人が読めます。
プロフィール

エアーブラシ男 【T】

Author:エアーブラシ男 【T】
ホームページは こちら
FBページは こちら

カテゴリー
ツイート
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
更新履歴


エアーブラシのハウツー本 (07/26)

エアーブラシのメッキ状態について・・・ (07/22)

黒樹脂の素材感を活かす・・・ (07/17)

総記事数:
リンク
YouTube
エアーブラシペイント作品
QRコード
QR