エアーブラシは簡単に楽しめる! でも・・・

「エアーブラシは簡単に楽しめる!」
 
と私はHOW TO DVDの中で言っております。
 
「でも奥は深い!」
 
と私はHOW TO DVDの中で言っております。
 
「そんな楽しくて奥深いところがエアーブラシの良いところ!」
 
と私はHOW TO DVDの中で言っております。
 
 
 
すぐに仕事になる!儲かる!等と豪語して言っておられるエアーブラシの先生もいらっしゃいますが、
エアーブラシ業に限らず、職業としてやっていくのになめてかかっていってはいけないと思っています。
エアーブラシの仕事をしてご飯を食べている人には、それなりの努力や苦労が必ずあると思います。
エアーブラシ業は儲かっているように見えるかもしれませんが、
仕事というものはそんな甘いものではありません!
もしも楽をして儲けていたなら後で必ずバチが当たると私は思っています。
だから努力や研究は常に!です。
すぐに仕事になる!儲かる!等と強く言っておられるエアーブラシの先生でも実は影ですごい努力をしていると思うのです。
 
近年はエアーブラシを仕事としてやっていく方が少し多くなってきた感じがしますが、
その様子をネットや実際で見れば、
大げさトーク、イケイケモードでやっている方もいれば、
自慢話等せず、ただひたむきにがんばっている人もいたり、いろいろです。
 
最終的にはちゃんと良心的にやっている人が残っていくと私は思うんですが、
大げさなトークで無責任にエアーブラシを広めていっている方が存在しているところが私が残念に思っているところです。
 
大げさなトークをしているところでも、文章をよくを見れば「努力は必要!」とか言っています。
 
今はエアーブラシがまだ珍しい時ですが、
もうしばらく経てば、
エアーブラシ作品の良し悪しや仕事内容の良し悪し、人間性の良し悪しが比較されていくと思います。
 
すべてが出来て!良くて!が理想ですが、そのすべてを習得するにはすごく時間が必要です。
死ぬまで完璧は無い!と私は思っています。だからいつも勉強!なのです。
 
なめてかかっているとろくな目に合いませんよっ!
 
早く楽して儲けたい方は、そんなふうに教えているところにどうぞ!ですが、
まず、そんなに甘くはないですし、甘かったとしてもそれで天狗さんになってはいけない!という事です。
私はエアーブラシからそんな事を学ぶことが出来ました。
そんな事もいろいろ学べるところがエアーブラシの良い部分です。
 
エアーブラシ上達の秘訣は
 
あせらず、ゆっくり、楽しみながら です。
 
エアーブラシと関わっていると、いろんな出来事が起こります。
楽しいことも うれしいことも 苦しいことも いろいろです。
 
あなたもエアーブラシで楽しく修行してみませんか? 
 
エアーブラシでの楽しい修行は皆さんにお勧めです。
 
 
 
 
 
 
edit

大きなスプレーガンもエアーブラシ?  



私にとっては大きなスプレーガンもエアーブラシ。

ちなみにこのガンはノズル口径が2ミリです。
ノズル口径0.2ミリのエアーブラシの10倍の大きさのノズル穴が空いています。
大きなでかい絵となればこのガンで絵を描いたりもするのです。

このガンを使用する場合は、エアーコンプレッサーの大きさも大となります。毎分300リットルくらいの圧縮空気が必要です。
消費する塗料の量も大量です。

エアーブラシの道具や使用する塗料等は目的や用途によって使い分けるものです。
「エアーブラシはどれが一番良いのですか?」とか、「使う塗料は何が一番良いのですか?」とよく質問を頂くのですが、そもそもその質問が間違っているのです。
何をどんなふうにしたいのか?を先に伝えてくれれば少しは質問に対しての解答がしやすくなりますのでよろしくお願い致します。
質問するよりも、とりあえず思考錯誤しながらいろいろと自分でやってみるのが一番勉強になります。
わかりやすく動画で解説しているエアーブラシのHOW TO DVDとかも安く出していますので、まずはそれらをご覧になって頂ければ大変うれしいです。
何もわからない中で道具を買うよりもまずはDVDを見て下さい!という感じです。
ちなみに私が出しているエアーブラシ虎の巻DVD3枚セットの価格は3500円です。何もわからない方は、まずはそれをっ!
 
私のHPは → http://total-t.com です。
私がやっているエアーブラシの総合通販サイトは → http://airbrush-tool.com  です。
幻となりつつある高品位なオリンポスエアーブラシ専門の通販サイトは → http://olympos-airbrush.jp です。
よろしくです。
edit

プチコン キュート  


このコンプレッサー…
静かで大変良いと感じているのですが、エアーブラシをやっている人にとってはパワーが少し物足りない感じがすると思います。

このプチコンキュートと組み合わをしたエアーブラシセットの名前を【とりあえずエアーブラシ始めよう!セット】に変更しようか?と只今実作業での使用テストを行いながら検討中です。
edit

オリンポスHP-100Cの同等機?  


このエアーブラシ…
使った感じがオリンポスの100Cと似ています。

予算の関係等で標準エアーブラシの名器であるオリンポスの100Cに手が出せない人には良いかもしれませんよ!

このHB-C3を欲しい人は遠慮なくお問い合わせ下さい。

ちなみにこれの定価は13000円(税別)。
うちからお世話したなら通常の方には一割引くらいでお世話します。DVD等で勉強してくれている会員の方にはもう少し安くお世話します。


でも、オリンポスの刻印が入ったエアーブラシ購入の夢は非常に捨て難いと思います。

刻印が違うだけで、なんだか気分も違います。
そんな点でもオリンポスパワーをついつい感じてしまいます。
edit

IS-850  


イワタのエアーブラシ用のコンプレッサーIS-850が購入後しばらくの間で壊れてしまい、無償修理されて戻ってきました。

保証期間内での無償修理は助かります。さすがメーカー!
しかし、しばらくの保証期間内で壊れてしまった事は悲しい事。

今度はどれだけ耐えてくれるかな?

修理時に交換された圧力スイッチは購入時と違うものが付けられてきたのですが、仕様変更なのか、それともたまたま違うだけなのか、トータルティー向けのスペシャル仕様なのか、不明です。
edit

HP-TH2のグリップ  


イワタから出てきた新エアーブラシ。
中指でトリガーを引く自分にとっては、グリップを外した方が断絶持ちやすいです。ちょっと不格好かもしれませんが…。
edit

例えばこんなカスタムとか…  



これは、押しボタンレバーをチェンジしたエアーブラシカスタムです。

この小判型押しボタンレバーを好んでいるエアーブラシペインターも多いと思いますが、私もそんな中のひとりです。

オリンポスのMPシリーズの場合はそれに合う小判型押しボタンレバーがないので変えられませんが、イワタのCMシリーズならばそれが可能です。
 
今日はイワタのCM-SBをさわって遊んでいたのですが・・・

CM-SBのサイド塗料カップは良く考えてみたら使い勝手が良さそうな感じがしました。
こんど超精密な絵の時に使って試してみます。
 
イワタのCMシリーズは低空気量低空気圧でも霧が綺麗に出てくれる仕組みとなっております。
その秘密は↓

この部分にお金がかかっているのでイワタのCMシリーズやオリンポスのMPシリーズは値段が高いのです。
オリンポスのMPシリーズは最初からこのヘッド部分のスペアーも付いているからiwataのよりも値段が高くても当たり前ですね。ヘッド部分をパーツとして購入すれば両社共にその値段は1万円を超えているので良く考えてみればオリンポスの方が安いのかも?!
さてさて、どっちの高級エアーブラシを買った方が得なのだ?って感じですね!
私はこうやってブログやDVDや通販ページの中でエアーブラシの事をいろいろと説明しておりますが、個人の好みとかもあるでしょうから実際に購入して使ってみないことには自分に合っているかどうかは良くわからないところです。最終的にはそれぞれの判断で決めていくしかないですね。

私からエアーブラシについての詳細を聞きたければ、まずはエアーブラシ虎の巻DVD等を買って頂かないことには始まりません。(ちょっとイヤな言い方かもしれませんがお許し下さい。)

私はエアーブラシについてなら馬鹿が付くくらいに詳しいところが特徴です。

昔から今現在でも質問攻めの嵐に合っているので、それを仕事としてやっております。

私は毎日エアーブラシを触っておりますが、飽きないです。楽しいです!
皆さんも私と一緒にエアーブラシを楽しんでいきませんか?!
edit

オリンポスエアーブラシ商品に関しての重要なお知らせ!!

 
皆様いつもありがとうございます。

今回、皆様へオリンポス商品に関しての重要なお知らせを致します。

オリンポス社長のご意向により、これまではオリンポスエアーブラシ関連商品の本体、部品等は、共に定価の20%引きでファンの皆様にお世話させていただいておりましたが、2010年7月1日よりすべてのオリンポス商品の価格を定価の10%引きに変更する運びとなりました。

2010年6月30日までのご注文分までは従来の20%引きの価格でお世話していきますが、7月1日以降のご注文からは定価の10%引きの価格でのお世話となっていきますのでよろしくお願い致します。

今回の販売価格の変更により、値上がり前の駆け込み注文が予測されますので、出荷に遅れが出てしまう場合も考えられます。

現在のところで予測される出荷予定を以下に示しておきますのでご購入の為の参考にしていって下さい。
5月末までのご注文分→6月中旬頃の発送
5月末~6月中旬までのご注文分→6月末頃の発送
6月中旬~6月末までのご注文分→7月上旬頃の発送
当店では以上のような出荷予測を立てております。
ご注文順に発送処理を行っていきますので、少しでも早く商品を欲しい方はお早めのご注文をお願い致します。

オリンポス社としましても当店としましても、お客様の皆様、オリンポスエアーブラシファンの皆様のご負担が出来るだけ少なくなるようにと努力しているのですが、商品本体や部品、包装資材、他に関しましても数が段々と少なくなってきている等の理由があるために今回の価格修正を行う運びとなりました。何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

ネットショップページに掲載されていない商品や部品等に関しましてもご注文を受け付けておりますので、ご不明な点がございましたらお気軽にご相談下さい。

当店ではエアーブラシ愛をもってエアーブラシに関わる商品をファンの皆様にお世話して参りますので、これからもどうぞよろしくお願い致します。
 
 
PS:
今回のオリンポスエアーブラシ商品の販売価格修正は、オリンポス社長のご意向があってこのようになりました。
私の価格修正により私のところの仕入れ価格が上がるのも当然な事です。
今回の価格修正に関しては、オリンポス社長が悩みに悩んだあげくの苦渋の決断です。
電話で互いの意見を言い合いながら価格修正の決定に至ったのですが、その時オリンポス社長のエアーブラシファンの皆様への配慮をすごく感じました。
 
私からの、裏話、ぶっちゃけ話ですが、エアーブラシを販売していってもそうもそうも利益が上がっていくものではなく、むしろお客様からの問い合わせに追われる毎日です。
エアーブラシを作っているメーカー側もエアーブラシの制作に大変な労力をかけているにも関わらず利益がなかなか上がっていかないというのが現状です。
お客様も様々、状態も様々なので、世話をする販売側の仕事も実はすごく大変なのです。
エアーブラシファンの方々からの多くの問い合わせも、うれしい時ばかりでなく、長時間電話やメールで聞くだけ聞かれてハイさよなら!という時も非常に多く、悲しく感じる時もあります。
しかし私は、エアーブラシがあったからこその現在なので、いつもその事に感謝しながらエアーブラ関連の仕事を続けさせて頂いております。
オリンポスの社長もそんな状態だと思います。
 
私もオリンポスの社長にも共通していることは、
エアーブラシと出会えたことに感謝しているというようなところが共通している部分だと思います。
続けていられるのは、それだけエアーブラシ愛があるということだと思います。
 
この文を読んでくれている皆様にも、エアーブラシと関わっていく事でその楽しさや奥深さを知って頂き、”エアーブラシ愛”を高めていってもらえれば私はすごくうれしく思います。
 
私はこのブログでエアーブラシに関するお話をいろいろさせてもらっていますが、
なにはともあれ、エアーブラシはとても楽しくて奥深いものです。
これからもそのような事を皆さんに伝え続けていきたいと思っています。
 
皆様も LET'S ENJOY AIRBRUSH です。
 
 
 
edit

クリアー塗って終了  


大きめのガンでクリアー塗って終了。
クリアーを塗ればマスキングとの段差が目立たなくなります。クリアーが乾いてからペーパーで研いで磨きをかければもっと段差がなくなりますが今回はここで終了です。
edit

エアーブラシで補修  



塗装がマスキングテープと一緒になって剥がれてしまったので修正しています。

今回使うのエアーブラシは傾き塗料カップなのでこんな時は便利です。

少量の塗料であればエアーブラシを置くときもこんな感じで置けます。
edit

新ガンのテスト  


さすがにこれにクリアーは無謀でした。
これへのクリアーは、W101(銀さん)でやりました。

でもヘルメットやバイクのタンク等までは、クリアーまでいけそうです。
コンプレッサーも大きいのはいらないです。

今日のテストはこれで終わります。
edit

新ガンのテスト  


どちらもセンターカップなのでガンの置き場所に大変困ってしまいます。

なぜサイドカップにしないか?と考えているのですが、

左右どちらにも使えるという利点はありますが、メーカー側の人は実際の作業をやらないからたぶんこんな事を思わないのでしょう…。

作って売れれば良い!開発費用がかかるような余計な事は極力しない!というメーカー側の気持ちもわかりますが、
もっと使い手の気持ちや要望を察して新製品の開発を進めていってほしいです。

固定のセンターカップでしかも金属製のはめ蓋だとアクティブに真下や真上で使えないんです。

カップが自由に動くようになるアタッチメント金具があれば良いと思います。
それとガンの置場の問題の解決をしてほしいです。



それにしてもわがままな辛口の私ですねっ!
こんなふうに言わなければ良くはなっていかないから言っているんです。メーカーさん、わかって下さいね!もっとペインターの意見を聞きながらやっていけば良いものが出来てくるし売れていくと思うのです。
edit

HP-TH2 対 PC-206  


<オリンポス HP-PC206の使用感>
オリンポスのPC-206は重いですが手にすっぽり入ってくれて馴染む感じです。
手との一体感を感じます。
センターの固定カップなのでガンの置き場にいつも困ってしまいます。


<イワタ HP-TH2の使用感>
先の長さか長いので細かな作業時はちょっと手にしっくりこない感じです。
先を1~2センチくらい短くしてほしいという感じです。
グリップを外した方が持ちやすいです。
空調つまみは便利に使える時があります。
センターの固定カップなのでガンの置き場にいつも困ってしまいます。
 

 
edit

ガンの比較テスト  



オリンポスの206も同様になります。

オリンポスの方が色がドッと出る感じです。
細かな丸吹き作業に関してはイワタの新ガンの方がやりやすく感じます。

真ん丸の点が打てればもっと良いのに…。
でも、この部分はとても難しい部分なんです。
edit

新ガンのテスト  



只今、丸吹きキャップで細かめの作業をしています。

しばらくで先の部分が汚れてきました。汚れない方がそりゃいいのですが、この部分はなかなか難しいところなので良しとしておきます。

小さい点をうちたいのですが、ちょっと平ぎみで出ちゃいます。
edit

イワタの新ガン HP-TH2  


只今この新ガンをいろいろとテストしております。

オリンポスのPC-206と比較しておりますが、今のところわかっていることは定価が税抜きで3万円というのと、重さが軽いというところです。

霧の状態や、使いごこち等はまた後で。
edit

エアーブラシの値下げについて

近頃はどこもかしこもエアーブラシの値下げもしくは捨て売り状態・・・。
 
私はとても残念に思っています。
 
エアーブラシはこれから売れる!儲かる!と思ってエアーブラシを取り扱ったが良いが思うように売れていかない・・・というエアーブラシ取扱店がすごく多いのですが、そのうまくいかない理由はズバリ、販売店の方自体がエアーブラシを楽しんでいないからでありエアーブラシの事を良くわかっていないからだと思います。
 
 
昔から何年もずっとこんな状態なので、私は次のようなことを考えています。
エアーブラシをちゃんと楽しんでいる人(お客様へのサポートが出来る人)がエアーブラシの販売をしていく!
という事です。
 
いくら商社とか、塗料屋さんとか、模型屋さんであっても、
エアーブラシを実際に楽しんでいなければエアーブラシの販売は×というふうにしていきたいです。
そうしていけば、エアーブラシはもっと広まっていくし、もっとわかりやすいものになっていくと思います。
 
エアーブラシをなめてかかってしまい上手くいかないという方が大勢いらっしゃいます。
そんな方には”焦り”があることが多いです。
 
あたらしく始めていく
上手くいかなかったらあきらめる
というようなことは誰にでも出来ることですが、
 
あきらめずに続けていく事が出来る人はなかなかいないので、そっちが私のお勧めです。
 
エアーブラシの販売店がエアーブラシの価格を下げることはとても簡単です。
仕入れ価格までは簡単に価格を下げていけます。
エアーブラシの値下げはどこのお店でも簡単に出来ることですが、エアーブラシの価格の維持はどこのお店もなかなか出来ないことです。
 
価格が下がるということは思うように売れていない証拠であり、安い価格で売れたとしても儲けが少ないために、「エアーブラシの調子が悪いんですが・・・」とか「やり方教えてください!」等とお客様から質問が来てもそれに答えていけなくなっていくのは当たり前な動きです。
 
ノンサポートで良いのであれば価格の安いエアーブラシ販売店から購入していけば良いですが、
エアーブラシはとてもデリケートなものなので、ちょっとしたことで調子を悪くしちゃいます。なのでよくエアーブラシのことを知っている人からのサポートは必要不可欠なものなのです。
 
エアーブラシの事をついついなめてかかってしまい上手くいかない事は昔から今でもよくあることです。
 
私的なエアーブラシの基本は・・・
ゆっくり あせらず 楽しみながら。
 
なかなか思うように上手くいかないところがエアーブラシの楽しいところっ!
 
エアーブラシを取り扱っている販売店さんも是非エアーブラシを心から楽しんでいって下さい。
 
 
エアーブラシをこれから始めようとしている方が、ただ値段が安いお店から買うという場合は、アフターサポートが薄いという事を肝に命じて購入に至ってください。うまくいかなくてもお店のせいにしないことです。
 
取り扱う商品は同じであっても、
「あのお店のサポートは抜群だ!」
と言われていくように私はしていきたいです。
 
「値段がただ安いというだけでエアーブラシを購入するのは考えものだよ!」
「エアーブラシにはサポートが不可欠!」
とみんなが言うようになっていけば、
エアーブラシをあまくみて取り扱うお店も少なくなってくるでしょうし、エアーブラシで実際に作業を行ったり楽しんでいる人達がやっているエアーブラシのお店が徐々に増えてきて、お客様も安心してエアーブラシを行っていけるようになっていくと思います。
 
”エアーブラシ愛のある良心的なエアーブラシショップ”の全国展開を私はしていきたいです。
そのためにはまずはもっとエアーブラシを楽しむっ!エアーブラシ仲間を増やす!ってところですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
edit

イワタの新エアーブラシ HP-TH2  

アネストイワタから新エアーブラシが出てきました。
新たに出てきた新製品をろくにテストもせずにすぐに販売するお店もございますが、こちらではすぐに販売に移らず、しばらくの期間実際の使用テストを行って販売に移っていきます。

今回新しく出てきた新エアーブラシは口径0.6ミリの丸吹きと平吹きが出来るガンです。
VS オリンポスのガンという感じなのですが、新エアーブラシの元とされているのはほとんどがオリンポスエアーブラシという場合が多く、みんな打倒オリンポスエアーブラシ!という感じです。

今回の新ガンの価格設定はもしかするとオリンポスのPC-JUMBOの価格が参考にされているかも?

この新ガンは、便利に使えて使いごこちも結構良いと予測しています。

使い手側からの要望を言わせてもらうならば、センターカップじゃなくて角度が変えられる仕様にしてほしいです。

使い手の立場をもっと良く考えて新製品を出していけば、もっともっと売れていくのに…と私は思っています。

新たな新開発のガンではなくて、現行であるものの組み合わせにしか過ぎないというころがイワタのやり方でありイワタらしいところですねっ!

なんだかんだと辛口な事を私は言っておりますが、メーカー側が新しい動きをかけていく事はとても立派な事だと思っています。

作るだけ、販売するだけ、
じゃなくて、

お店側もメーカー側も、エアーブラシの実際の作業をやっていけば、もっと良いものが生まれてくるはずですし、商品も売れていくことと私は思っております。
edit

柔軟性のあるマスキングシート  


近頃、柔軟性のあるマスキングシートを大量入手しました。
これだったらヘルメットとかへのマスキングもシワにならないです。

近々通販ページにアップ予定です。イワタとかから出ているエアーブラシ用の柔軟性のあるマスキングシートは値段が結構高く感じますが、それよりも全然安くして販売していきます!
edit

イワタのエアーブラシ用コンプレッサー  


イワタの圧力スイッチ付エアーコンプレッサーなのですが、故障してしまいました。
たぶん圧力スイッチが原因です。

あっ!改良のひらめきがっ!!
時間があるときにやってみます。
edit

GWもエアーブラシ三昧  


ゴールデンウイークもエアーブラシ三昧です。

昔はプラモデルもろくに塗れなかったのに、実物への塗装ばかりです。いろいろ経験を積んでいくと段々と出来るようになってきます。

近頃はアーブラシに興味を持たれる方が多くなってきましたが、エアーブラシの機種や型番、メーカー等にとらわれて、知識ばかりの頭デカチになってしまっている方が多いような感じがします。

知識もある程度は必要かと思いますが、まずはいろいろやってみると良いですよ!
失敗を怖がってしまい知識ばかりを入れたがる方が結構多いです。それよりも実践!!是非体で覚えていって下さい。

失敗は失敗じゃなくて成功の元となります。

エアーブラシには、決まったやり方があるわけではありません。
当たり前的な基本は抑える必要がありますが、あとはいろいろやっていけばいいんです。エアーブラシやエアーコンプレッサー等の型番とか種類、作業工程とかの問題よりも、当たり前的な事が出来ない方が多いんです。

当たり前的な事が出来ていればエアーブラシもきっと出来ることと思います。

エアーブラシは自然に自分を鍛えていける大変良いツールだと私は思っています。皆さんも是非やってみて下さい。
エアーブラシなら、楽しみながら自分磨きが出来ていきますよ!
edit
Translation
世界各国の人が読めます。
プロフィール

エアーブラシ男 【T】

Author:エアーブラシ男 【T】
ホームページは こちら
FBページは こちら

カテゴリー
ツイート
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
更新履歴


こんな塗装・・・。 (08/14)

エアーブラシを使って木目補修 (08/07)

07/26のツイートまとめ (07/27)

エアーブラシで手描き絵 (07/26)

エアーブラシ専用のエアー缶でなくてもOKな時代に! (07/22)

ユンボに・・・ (07/22)

軽ボックスカーに全面エアーブラシ絵 (07/19)

エアーブラシでバイク補修 (07/09)

少しづつ・・・ (06/27)

軽ボックスカー全体にエアブラシ絵を入れますよ! (05/18)

太陽光発電 (05/17)

車のシャーシをエアブラシで! (05/09)

FJクルーザーいじり… (05/06)

オリンポスPC-308 (04/17)

MP-200A(1HOLE)の実際のノズル口径サイズ (04/16)

SP-Aの実際のノズル口径サイズ (04/16)

HP-100Cの実際のノズル口径サイズ (04/16)

HP-100Bの実際のノズル口径サイズ (04/16)

MP-200A(L3HOLE)の実際のノズル口径サイズ (04/15)

CM-SBの実際のノズル口径サイズ (04/15)

エアーブラシノズル口径の真実を探る。 (04/15)

エアーブラシニードルを作る事に挑戦! (04/15)

エアーブラシニードルの世界…。 (03/29)

エアーブラシ 部品の組み合わせだけでは出来ない超レアなスーパーカスタム。 (03/23)

エアーブラシ ノズル内側の真実 (03/21)

エアーブラシ ノズル口径0.18㎜の真実 (03/21)

オリンポスエアーブラシの存在を邪魔とする人は誰だと思いますか? (03/04)

ガンプラが入手しにくいのなら・・・ (03/03)

オリンポスPC-102Cを人気のプラモアイドルがっ!めちゃくちゃ嬉しい!! (02/28)

ガンプラが入手しにくいのなら・・・ (02/26)

TOTAL-Tから海外へのエアーブラシ出荷実績 (02/22)

エアーブラシ お客様からのうれしい声が活動の励みとなっております。ありがとうございます。 (02/11)

中国製エアブラシノズルの中を覗いてみたらビックリ!なんじゃこりゃ!? (02/06)

エアーブラシ 昔のノズルと今のノズルの違いを発見! (02/02)

エアーブラシ 完全な日本製ではなくなってきているような・・・??? (02/02)

エアーブラシ ノズル 中国製との比較・・・ (01/27)

エアーブラシの簡素化省略可が着々と進んでいるような感じ・・・。 (01/23)

エアーブラシ 目線視線の事を考えればサイドカップ型となる (01/22)

エアーブラシ ノズル口径の本当のサイズを知る方法 (01/22)

YouTubeメンバーシップの説明 今ならすごい特典が! (01/21)

【エアーブラシのメンテナンス(トリガータイプ 編 )】①~⑩ (01/21)

永久的に!半永久的に!サポートします! ???? (01/21)

エアーブラシ 押しボタンレバーを引っかけてパチンっ!パチンっ!は・・・ (01/21)

エアブラシのノズル・・・ 日本製はゴムパッキンでごまかさない。 (01/20)

エアーブラシ 押しボタンが反対向きについちゃってるよ~!! (01/20)

エアーブラシ イケてる持ち方 vs イケてない持ち方 (01/19)

日本製のエアーブラシを中国がマネをするとこうなってしまう現状・・・ (01/18)

日本製エアーブラシと中華製エアーブラシの差・・・ (01/17)

エアーブラシ サブミクロンの世界・・・ (01/16)

エアーブラシの二段削りニードル (01/15)

総記事数:
リンク
YouTube
エアーブラシペイント作品
QRコード
QR