タミヤやクレオスのエアーブラシ

模型好きな方はタミヤやクレオスのエアーブラシをよく使用していると思いますが・・・。

そんな模型関係の会社が行うエアーブラシの販売戦略に注目するところがいろいろとあります。

限定バージョンのエアーブラシや新エアーブラシを出したりして、動きも活発です。
エアーブラシを取り扱う模型関係の各社がお客の購買心を上手にくすぐりながらやっている感じです。

オリンポスのMPシリーズやイワタのCMシリーズのような高級機種も出てきた様子です。

新コンプレッサーも出てきましたし、”エアちゃん”というかわいいキャラクターがエアーブラシの使い方を教えたりもしています。

そんな模型会社の動きから、見習えるようなところは見習って、私もどんどん新しい動きをしていこうと思っております。

私の場合は、ペイントノウハウが強みだと思っていますので、模型をやっている人にも価値を感じてもらえるようなHOW TO DVDを売りにしてやっていこうと思っております。

edit

エアーブラシの山  







私物のエアーブラシやコンプレッサー、他があちこちに散乱している状態!
片付けても片付けてもまたすぐにちらかってしまいます。

エアーブラシにいつも呪われているみたいです。(笑)

edit

エアーブラシは魔法の筆!



下書きトレース等に頼らなければ絵が描けないというのはちょっと格好悪い・・・

出来るものなら下書きトレース等に頼らないで絵をスラスラと描いていきたい・・・

私はそう思っているのですが、皆さんの心の中もたぶんそんな思いじゃないですか?



エアーブラシの特徴を上手く活用すれば下書きトレースとかに頼らなくても絵が描けていく!

絵心に自信はなかったけど、エアーブラシのおかげで絵心が少しずつ芽生えてきた!

エアーブラシならば絵の勉強を楽しくやっていける!

と私は思っています。


そんな考えを元にして、エアーブラシのやり方や楽しみ方、勉強の仕方、仕事としてのやり方等をエアーブラシ教室やHOW TO DVDの中で教えています。



はやく上手くなりたい!はやく仕事にしたい!儲けていきたい!

エアーブラシなら稼げそう・・・。

と、ついつい考えてしまいがちな多くの皆さんのお気持ちは十分にわかります。

私もはじめの頃はそんな考えだったからです。


しかし、現在の考えは昔の考えとは違っています。

あせった気持ちで絵を描けば良い絵にはなっていかないし、お金を追うほどにお金は逃げていく。

良い絵を描いていきたいのであれば、焦らずゆっくりと!

仕事にして稼いでいきたいのであればそれなりの努力と工夫が必要!

という考えに変わっていったのです。





稼げるエアーブラシ!じゃなくて

特殊技術のエアーブラシでもなくて

・・・


私にとっては、

とても楽しいエアーブラシであって、

多くの夢を持たせてくれるエアーブラシであって、

とても奥深いエアーブラシであって、

絵心を芽生えさせてくれたエアーブラシであって、

多くの友達や人脈をくれたエアーブラシであって、

自分を支えてくれているエアーブラシであって、

自分を成長させてくれるエアーブラシであって、

いろいろな出来事に遭遇するエアーブラシであって、



とても不思議な魔法の筆!という感じです。


あなたもこんな不思議なエアーブラシの世界を味わってみませんか?

何かしたい!でも何をして良いのかわからない・・・
という人にはとてもおすすめなエアーブラシです。
ハマリますよ~!!!


今回付けた絵はyamamoto氏が描いてくれた絵ですが、彼もエアーブラシを楽しむ一人です。

yamamoto氏が描いた絵はTOTAL-Tが教えるHOW TO AIRBRUSHのBOOKの中でたびたび登場してきます。
彼の絵、私好きです。

漫画の基本は四コママンガにあると聞いたことがありますが、マンガにはマンガの基本があるように、エアーブラシにはエアーブラシの基本があると思います。何をやるにしても基本は大切です!

彼は音楽もやってます。
昔作った曲をたまたま聞かせてもらったのですが、TOTAL-Tは即採用しました。
彼の絵や音楽はちょっと古臭さが感じるのですが、またそれがyamamoto氏の味があっていいんです!
彼の音楽はAIRTEXエアーブラシのサポートCDの中やTOTAL-Tが出しているDVDやネット動画のBGMにも採用されています。(AIRTEXのサポートCDはたぶん何十万部と出ていると思うので、売れないミュージシャンよりも全然スゴイかも!?)

人それぞれの好みはあると思いますが、彼特有のこだわりから生まれてくる絵や音楽、私は大好きです。
お金を稼ぐことを優先してしまっている絵や音楽よりも、彼が作り出すような純な絵や純な音楽が私は好きです。心のある絵や音楽はやっぱりいいです。

edit

あまり知られていないエアーブラシ  


夜な夜な絵を描いています。

このエアーブラシ、まだあまり知られていないエアーブラシです。
タッチもやさしくて手になじむ感じがGOOD!よりペン感覚に近づいたエアーブラシハンドピースです。
値段もお手頃価格です。
もう少しでオープンする新しい通販サイトに載せる予定です。
興味がある方には一本持っていても悪くはないエアーブラシだと思います。
ちょっとおもしろい機構も取り入れられています。
現在のところの一番新しい国産エアーブラシなのですが、このエアーブラシを元に更に進化していくことと思います。

edit

いきつくところは?  


エアーブラシのいきつく機種は使用用途にもよりますが、絵を描くならやっぱりオリンポスのHP-100Bのような機種となっていきます。

付けた写真は、あのSHINさんが使用しているイワタのHP-BPという機種ですが、SHINさんもイワタと契約する前まではオリンポスのHP-100Bをメインに使っておりました。

イワタのHP-BPが新しく世に出て来る前はただのHP-Bという機種で、それは横の大きな穴もなくニードルの引かれ具合の調整機構もありませんでした。

SHINさんにしてみればそれらの機構は必要のないもので初心者に対してエアーブラシのテクニックを教えていく際にもその機構に頼っていては良くない!と教えているはずです。イワタと契約している手前上、もしかすると大変便利なもの!と言っているかもしれませんが…。

とにかく、エアーブラシの元をさかのぼっていけば、オリンポス社にたどりつきます。

新しいエアーブラシブランドとして立ち上げてきた企業や販売をしていくお店の人はあまりエアーブラシを手にすることがないので、何が必要で何が不必要ということもなかなかわからない状態で物事をすすめてしまいがちです。エアーブラシを実践で使用していないのに良いようなうんちくばかりを並べて商品を売っていくやり方を私は良いことだとは思っていません。

エアーブラシを実際に使用している人がサポート付きで良心的に道具のお世話をしていけば良いのですが、エアーブラシを普段触ることのない人がエアーブラシ関連商品を販売して利益を上げていくことに必死というのが多いです。


エアーブラシ販売店の行き着くところ目指すべきところは、
エアーブラシを実践で使用しながら楽しみながら興味あるお客さんへ良心的にお世話していく!というようなところだと思います。

販売店がサポートに自信がない場合はついつい安売りに走りがちですが、エアーブラシのサポートの必要性を理解しサポートしていくことに自信を持っていれば安売りにもなっていきません。

エアーブラシの値段が安いからといってそれに飛びつこうとしている方は安売りしているお店のサポートに期待してはいけないのが第一条件!サポートに頼らず自力でやっていく必要があると思うので、新たにエアーブラシを購入していく場合はサポートが必要かどうかを良く考える必要があると思います。

現在のところ、エアーブラシにサポートは必須!と私は思っているのですが…
エアーブラシを安易に取り扱ってしまってサポートをしきれない販売店が次々と販売を辞めていっている状態です。エアーブラシの安売りたたき売りに走ってしまいます。
お客さんの方では、
安い商品を購入したはよいがやり方がどうもわからない…調子が悪いけどどうすることも出来ない…というようなケースが非常に多いです。
そういう悪循環の原因はエアーブラシのことをあまり知らない人が販売をしてしまっているところにあります。

エアーブラシ人気にあやかってそれで商売していこうとする方も多いのですが、商売として成功させていくコツは自らエアーブラシを触り楽しんで行くことだと思います。エアーブラシの良さや楽しさを純粋に広めて行きたいと考える心が大切だと思います。
自分の利だけを優先して行動していれば人からその心が読まれてしまいなかなか上手くは行きません。

あまり欲をかかず、正直に純粋にエアーブラシを楽しみ広めて行こうとする気持ちがあれば商売として上手く行くと思います。

だだ多くのお金儲けをしていくことだけが商売ではないと私は思っています。

お金の損得感情も大切なこととは思いますが、人にどれだけ貢献できているか?どれだけやりがいを感じているか?というところだと思います。

エアーブラシが大好きな人がエアーブラシに関連した商品を良心的に販売していくというのが私の理想です。そんなお店を全国各地に広めて行きたいと思っています。

edit

危険物の取り扱い  


各都道府県で危険物取扱者の資格試験が年に何回も行われています。

工業系に使われている塗料の多くが危険物に属すので塗料の取り扱いには十分注意しなければいけません。

無資格の状態でネットオークションやネット通販等で危険とされる塗料を誰へでも販売している方もいらっしゃいますが、それこそ危険なことです。

知識があるかないかは資格の有無で判断することが可能です。

資格がなくても私の場合は大丈夫!と豪語する塗料販売業者の方もいるかもしれませんが、国家資格はもっていて悪いものでもありませんし、もっていれば信用もつきやすいです。

私は、危険物乙4と有機溶剤主任という国家資格をもっているのですが、今はいろんな面で資格をとって良かったなぁと痛感しています。

edit

色の三原色  


色にはいろんな色がありますが、色の三原色(赤青黄)を理解していると応用がきくようになります。

人物画のカラー等を描く場合でも、最初から茶色等の色を与えての教え方ではなくて、この三原色を元にして茶色を作らせていくというような教え方を私はしています。

ガンダムカラーとかが模型屋さんにズラリと並んでいたりしますが、あれは調色出来ない人のために用意されたものであり、簡単にやっていけるというものです。

出来る人は少ない色数から様々な色を作り出していけます。色にかかるお金も原色代だけです。

ガンメタ(ピストルのような色)という色がありますが、ガンメタを簡単に説明すれば、黒にシルバー(メタリック)が混じった色がガンメタです。混合具合でいろいろなガンメタが作れるのですが、そのことを知らない人はガンダムカラーのそれぞれの色を何色も買う人のようにそれぞれのガンメタ色を買います。=模型屋さんと塗料屋さんが儲かります。

私のところでは、基本を理解することで応用がきくようになっていくということを教えています。基本を省略したやり方で学べば応用はきいていきませんが、基本を大切にして学んでいけば応用がきく人となっていきます。

どちらの道を選んでいくかはあなた次第!

edit

歴史を感じるエアーブラシ  



このふたつの機種はオリンポス社の倉庫に在庫としてまだまだある状態です。

ヤング8の方は、知っている人所持している人、現役バリバリで使っている人も多いと思いますが、ダンダンの方は知らない方が多いと思います。

ダンダンはシングルアクションタイプではなくダブルアクションタイプです。

昔はダブルアクションの操作を上手く出来なかった人が多かったのでヤング8が登場し大ヒットしたわけなのです。

ヤング8のようなシングルアクションのエアーブラシしか知らない人も多いのですが、エアーブラシをやっていると行き着くところはダブルアクションタイプのエアーブラシとなっていきます。

タブルアクションタイプのエアーブラシHP-100シリーズはヤング8の前からあったもので、日本のエアーブラシのご先祖様のようなものです。
ご先祖様といえども今でも現役バリバリで活躍している名器中の名器!今でも人気商品として売れています。

しかし後発として出てきた各他社のやり方や勢いが強かったためにオリンポスエアーブラシの知名度は次第に薄れていっております。

私的にオリンポス社長は世界のエアーブラシ王です。王といってもごくごく普通なおじさん、若い方からすれば80歳のおじいさんです。
愛車のベンツで速度をろくに落とさずにカーブをまわるようなイケイケおじいさんで、仕事は几帳面で真面目!研究熱心!
すごく良い人です。

オリンポス社があったからこその今ということを忘れちゃいけません!
そんなことを知らない人はこの機会に是非知ってほしいと思っています。

edit

ブラジャーのカップサイズと似ています。  


エアーブラシの塗料カップのサイズはブラジャーのカップサイズと同じ感じです。

付けた写真のサイドカップは左からCカップDカップEカップFカップというような呼び方をしています。
ちなみに私好みのサイズはDとかEとか…笑。

edit

歴史を感じるエアーブラシ  


やるべき事がたくさんあるのにも関わらず、さきほどこのエアーブラシを分解したりして夢中になっておりました。

このエアーブラシはオリンポス社の倉庫に新品としてあった最後の一丁です。
新品とは言うものの、数十年前に作られたものです。

これをさわっていたらエアーブラシの歴史をものすごく感じることが出来ました。細かに分解もしたのでなおさらです。まるで感動的な映画をみたように余韻がまだ残っている感じです。

このエアーブラシは、オリンポスの社長、製造工場の先代社長、工場で働く職人さん達がエアーブラシの未来を夢見ながら一丸となって一生懸命に開発していったエアーブラシの機種の中のひとつだと思うのですが、これらのエアーブラシが開発されてきたからこその現代のエアーブラシだと思うことが出来ました。
こんな感動は久々です!
このエアーブラシを触れたおかげでこれから先もエアーブラシの良さをどんどん広めて行こう!と再決意が出来たのと同時に、エアーブラシの開発と製造に力を注ぎこんだ人達がいたからこその現在のエアーブラシ界であって、エアーブラシを扱っている私達が存在出来ているんだ!ということも伝えて行こうと思いました。


たぶん、この写真のエアーブラシは現在あるトリガータイプエアーブラシの元となった機種です。
通常のシングルアクションではなかったのです!驚きでした。

edit

なんだかんだと  


近頃仕事が暇になったかな?と思っていたのですが、なんだかんだとやることがいろいろとあって毎日があっという間に過ぎていきます。

私の頭の中では、もう今年が終わってしまうの?この前正月だったじゃん!というような感じです。

毎日お客さんが入れ代わり立ち代わりで工場に出入りするのでその対応をして、いろんな人と毎日電話して、メールのやり取りもして、仕事関係の話がほとんどというか、エアーブラシ三昧な日々をいつも送っております。

皆さんへ伝えたいことも山盛り状態で伝えきれずに貯まっていく一方です。なので、ブログへのの書き込みもmixi、アメブロ、ヤフー等に一斉送信することがほとんどです。

昔の話も最新のニュースも他も、興味のある方へ幅広く伝えていきたいと思っています。

こんな伝えることも私のやることのひとつなのですが、
やっぱりエアーブラシ関係の話がほとんどです。

まったくエアーブラシ馬鹿!あきれてしまうくらいです。

まぁこんな私なのですが、今後もどうぞよろしくです。

今回付けた写真は浅井氏に仕事を手伝ってもらっている現在のこちらの様子です。

edit

儲けよりも何かしたい!


「エアブラシは儲かる!皆さんも一緒に儲けていこう!」的にいつも言っていた人のブログをさっきたまたま見たのですが・・・


内容が大きく変化していました。

どんなのになってたかと言うと、

「お金儲けよりも皆さんと何かがしたい!」と語るようになっていたのです。

大きな進歩だと思いました。

そういう言い方になってくれて私は正直うれしかったです。


しかしDVDのことが・・・

DVDではなかなか早く上達は出来ないというような話がそこには書いてあったのですが

まったくその通りかもしれません。

そりゃ上手な人から直接の講習で習えば上達は早くなっていくと私も思っています。

なので私のところでは、現在でも直接教えるスクールもやっています。


たぶんその方、ユーチューブの動画にUPしてある私の映像を見られたのでしょう・・・

その動画の中での私は、

「高い講習の時代は終わったんだ!」

「これからは良心的にやっていかないと!」

「これから先はDVD等での勉強で十分になってくる!」

等と私は動画の中で言っているのですが、

その方、たぶんそれに対しての反論でしょう・・・。
だから「DVDとかでは早く上達できない!」と強調してブログの中で言ったのだと思います。

その方もこれから先DVDを出していけばいいのに!と私は思っていたのですが、あれだけ強調して反論していてはDVDを出したい時になっても出せなくなってくると思います。



私がDVDを出すようになったのには理由や目的がちゃんとあるからです。

制作時は、自分の分身をDVDに入れ込む!というような感じでいつもやっています。

内容もなかなかの出来と感じることも多いのですが、それだけで決して満足せずに、更に良いDVDを!といつも思いながらDVD作りに励んでいる状態です。


私が出しているエアーブラシのDVDは、

初めての方にもわかりやすく教えているDVDです。

エアーブラシの技術を上達させていくためのDVDです。

直接の講習も受けてみたいが、予算や他の都合もあってなかなか受講することが出来ないといった方のためのDVDです。

エアーブラシのファンを広げていくためのDVDです。

エアーブラシの世界をもっと良くしていくためのDVDです。

値段はすごく安いです。


値段が高くて内容が薄いのであれば、売れていかないのは当たり前ですが、

値段のわりに内容が濃くて良い内容だからそこそこ売れていくんです。


DVDを見た上で直接の講習を受けに来られる方も多くいらっしゃいます。

直接講習を受けるための予習DVDという考えをしてもらって全然OKです。


高額なエアーブラシ講習は良さそう・・・と安易に考えてすぐにそこへ習いに行くのじゃなくて

いろいろなDVDが存在しているので、それらを多少見た上で講習に行ったほうが安心だし予習にもなると私は思っています。

いきなり高額な講習の受講ではなく、自然なステップアップが必要だと思っています。



と今いろいろ言っている私も、昔は結構無謀的なことをやっておりました。

エアーブラシをやっていくごとに段々と落ち着いてきた感じなのですが、

若いときはどうしても焦ってしまいがちなんです。

それはどうしようもない事です。


でも

”あせらずゆっくり楽しみながら・・・”

というのがエアーブラシ上達のための秘訣なのです。

早くやってなんぼ的な考えでやっていると上手くいかないことが多いんです。

エアーブラシをやっていくごとにそのことが次第にわかってきます。

edit

シンナー  


これは人体にも環境にも良くありません。

シンナーは塗装作業をしていく上でなくてはならないものです。近年では環境問題が問われてくるようになってきたので水性塗料の研究開発が進んでいますが、仕上がりや作業性を優先した場合は体にも環境にも良くない有機溶剤系のものが上に立ってしまいます。

自動車を動かしている源はガソリンや軽油等ですが、それらも有機物なので体や環境に非常に悪いものです。

自動車が水を燃料として快適に動くようになれば良いと思ってもなかなかそうはいかないように塗料もそれとよく似た感じです。

危険物であるガソリンを販売するガソリンスタンドの経営を行っていくにはそれなりの資格と注意が必要なように、有機溶剤系の塗料販売に関しても同様と私は思っているのですが、無資格状態で危険な有機塗料の販売を行っているエアーブラシ関係業者もいることと思います。
たとえ資格を持っていたとしてもネットで誰にでも購入できるようにしているのはちょっと考えものだと私は思います。
万が一の場合は販売側の責任も問われてくると思うので心当たりのある業者の方は対策を考えた上で有機溶剤系塗料の販売に踏み切ってほしいと思います。

edit

エアーブラシの持ち方  



エアーブラシを簡単に説明すれば、様々な表現が可能なペン型スプレー。万能筆のようなものです。

メーカー側では、いかにペンのように近づけるかが昔からの課題となっているのですが、現在でもその研究開発は進行中です。

エアーブラシの目指すところはペン感覚。
なので持ち方もペンを持つような持ち方になってくるはずなのですが、エアーブラシの完成度がまだ不十分なためになかなかペンを持つように持てない場合も多々あります。

変な持ち方を生徒さんに向けて教えているエアブラシ教室もありますが、先生自身がペンを持つようには持てない、あるいはその持ち方では上手く操作が出来ないといった理由があるからだと思います。

メーカー側にも責任がある訳なのですが、皆が目指しているところはペン感覚であって、その考えはメーカー側も同じです。

まだまだ開発の余地が残されているエアーブラシの世界ではありますが、今後を動かしていくのはエアーブラシ作業を実際に行う私達、これからエアーブラシを始めていく人達です。

皆目指しているのはペン感覚ということだけはどうぞお忘れなくっ!

edit

ほぞ(臍)キャップ



オリンポス ピースボンエアーブラシ用のほぞ(臍)キャップ。

これまで部品単体として出していなかったようですが、さきほど通販ページから購入出来るようにしました。

オリンポス社には、このような知られていない部品がまだまだたくさんあります。

まだ通販ページに載せきれていない商品や部品も多くありますので、お気軽にお問い合わせ下さいね。


オリンポスエアーブラシの通販ページ
http://olympos-airbrush.jp

edit
Translation
世界各国の人が読めます。
プロフィール

エアーブラシ男 【T】

Author:エアーブラシ男 【T】
ホームページは こちら
FBページは こちら

カテゴリー
ツイート
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
更新履歴


エアーブラシの使い心地…    中国製と日本製では全然違うんです! (02/06)

ゆっくりと絵を描く時間って、贅沢な時間…。 (01/13)

気分アゲアゲで絵を描きたいが… (01/10)

2024年も楽しむぞ! (12/31)

SNSでつぶやく元気があるならば、立派に仕事が出来ていくはず!! (11/30)

デコトラのイメージチェンジ (11/30)

近況報告 2023/11/30 (11/30)

エアーブラシ 超シャコタンな押しボタンレバー (11/09)

カスタムペイント プロペインターが指導! 嬉しいやら恥ずかしいやら… (10/01)

エアーブラシ動画 ”知ってもソンしないコラム” (09/23)

ガンプラの行った先… (09/22)

エアーブラシに関する動画を4連チャンでユーチューブにUPしました。 (09/21)

オリンポスエアーブラシ お客様から頂いたご指摘・・・ (09/21)

オリンポスエアーブラシ お客様からのうれしい声 (08/17)

ハイラックスの最大積載量のステッカーがダサく感じたので・・・。 (07/28)

カンナムスパイダーRT ミラー マグネット仕様の件 (07/28)

カンナムスパイダーのパーキングブレーキが解除出来なくなった件 (07/28)

ハイスペックのエアーブラシ用コンプレッサーをほんの少しの出費(部品代2000円くらい!?)で自分で簡単に作れる時代となっています。(※モザイク有り動画) (06/08)

オリンポスエアーブラシの真実 【YUDIとエアーブラシ談】 (05/29)

ゲーミングチェアよりもコレだった! (05/14)

【新車に入ってしまった傷をエアーブラシで補修】使用道具やエアーブラシのさばき方等で仕上がり度合いもわかっちゃいます。 (03/24)

カーレース用ヘルメット3代目… (03/23)

ハイラックスの後部座席… (03/19)

カンナムスパイダーRTのミラーが取付かなくなってきたので… (03/13)

ハイラックスGRのプチカスタムを楽しむ! (03/13)

ハイラックスGRでTVを見る… (03/13)

高価なガラスコーティング液を大幅に節約する方法 (02/28)

超超安すぎた… (02/25)

ガラスコーティングをエアブラシでやると… (02/24)

ハイラックスリアゲートの内側に… (02/23)

ホテル最上階エレベータードア アートペイント仕事を無事に終了させることが出来ました。 (02/22)

02/20のツイートまとめ (02/21)

少量で高額なガラスコーティング剤を大幅に節約する方法・・・ (01/29)

更に楽しむ2023に! (12/31)

エアーブラシセットの動画に入ったコメントに答えています。 (12/25)

【バイクヘルメット塗装】ノズル口径0.2㎜のエアーブラシでクリアーコート作業まで全部出来ちゃいました! (12/22)

カスタムエアーブラシの作り方 (12/18)

【エアーブラシ教室】 TOTAL-Tが教えるHOW TO AIRBRUSH 1999~ のYouTube動画をまとめてみました。 (12/07)

速攻DIYで寒さ対策・・・。 (11/17)

エアーブラシ作業においてエアー圧力調整は必須的なんです。 (11/13)

DIYのすすめ・・・ (11/09)

中国製のエアーコンプレッサーTR-303ECが気になったので買ってみました。 (10/27)

試したいエアーコンプレッサーを買ってみた。 (10/26)

今は無きオリンポスエアーブラシ? (10/20)

劣化(白化)した黒色のプラスチック樹脂パーツを復活させてキレイを長持ちさせる方法。自分が行き着いた対策方法はこの方法でした。 (10/03)

移動販売カーの看板作り・・・ (09/24)

憧れの車ハイラックスを注文しちゃった! (09/24)

カンナムスパイダーのライトをLEDに・・・ (09/18)

エアーブラシで絵心・・・ (09/18)

カンナムスパイダー顔面部分の取り外し… (09/11)

総記事数:
リンク
YouTube
エアーブラシペイント作品
QRコード
QR