エアーブラシハンドピースもいろいろ  

エアーブラシハンドピースにもいろいろありまして…

HP-CSがはたしてエアーブラシを始めていく初心者に向いているのか?ということが疑問に思い、ちょっとばかしいろいろなエアーブラシと比べながら試してみました。

その結果、他の国産エアーブラシハンドピースよりもボソッとした出かたをするような感じがしました。もしやメンテナンスが不十分なのかもしれないと思い新品のHP-CSでも試してみましたがそれも同じような出方でした。エアーの圧力も変えてやってみましたがそれでも同じ感じでした。

粘度が高めな塗料でも通りやすいという特徴のエアーブラシなので私はボディーペイントの時などにたまに使いますが、ファインアートには不向きと感じております。

エアーブラシの熟練者にとってはどんなエアーブラシハンドピースでも結構問題なく使いこなせたりするのですが、初心者には少し扱いにくいHP-CSだと思います。

HP-BPも厳密に言えばボソッと感はあるのですがまだ我慢できる範囲だと思います。

自分の中ではオリンポスのHP-62BやHP-63Cあたりがダブルアクションタイプの入門用として向いていると思っていて、操作に慣れてきたら指のうごきに敏感に反応してくれるHP-100BやHP-100Cあたりの使用となっていくのと思っています。

すごく微妙なところなのですが岩田のエアーブラシにはなかなかしっくりとしたものがないといった感じなのです。

オリンポスエアーブラシを知っている熟練の方ほどにその出来の違いは良くわかるはずなのですが、近頃はオリンポスエアーブラシを使ったことがないという人も多くなってきました。たとえオリンポスエアーブラシの良さを知っていたとしても岩田側についてしまったためにそれが言えない状態の方もいらっしゃいます。

熟練の方にはガンの特徴を理解して便利に扱えても、これからエアーブラシを始めていく初心者の方には向いていないエアーブラシハンドピースもあるのです。

簡単に始められるリーズナブルなエアーブラシセットが世にいろいろと出回っておりますが、これからエアーブラシを始めてみようと考えている方にとってはいろいろとあってどれを選択すれば良いのやらすごく悩んでしまうと思います。
いまのところは仕方のないこととして受け止め、いろいろとあるものを試していく方法しかありませんが、私の言っている事とかも参考にすれば役に立つと思います。


HP-CSはカスタムすることで色の出のボソッと感をなくすことが可能です。エアーブラシを自分向けにカスタムしていくのも楽しいですよ~!

関連記事
edit

エアーブラシ用の超静かなコンプレッサー  


壊れてしまったIS-925のボディーを再利用して、音がほとんどしない超超静かなコンプレッサーにしました!その音の静かさはYouTube動画にアップしますのでお楽しみにっ!
壊れてしまったIS-875やIS-925の有効利用が出来ますので壊れても捨てしまわないほうがいいです。

わかりやすく言えば、車のエンジンを載せ替えして高性能なスペシャル仕様に出来るというような感じ。新しいエンジン代はかかるけど、高性能で壊れにくいエンジンだから通常の載せ替えよりも断然良いという感じです。

関連記事
edit
Translation
世界各国の人が読めます。
プロフィール

エアーブラシ男 【T】

Author:エアーブラシ男 【T】
ホームページは こちら
FBページは こちら

カテゴリー
ツイート
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
更新履歴


ゴールが見えないのがエアーブラシの世界… なかなか描き終わりません… (02/26)

ここまでやったけど、明日から描き直します! (02/24)

今日もエアーブラシ生配信 (02/20)

総記事数:
リンク
YouTube
エアーブラシペイント作品
QRコード
QR