ラスト オリンポス

映画”ラストサムライ”をエアーブラシ関係者の皆さんにみてほしいと私は思っております。

その理由はなぜなのか?ですが・・・

私には映画に出てくる刀や鉄砲、ピストル、マシンガンが、筆に見えたりエアーブラシに見えたりするからです。刀やピストルをエアーブラシに置き換えてみることで、私が皆さんに伝えたいことがわかってくるのではないか?と思っているのです。

歴史に非常にオンチな私なのですが、映画”ラストサムライ”をみると感動しておもわず涙ぐんでしまう私がいます。

刀には刀の良さがあったのですが、時代の流れと共にピストルに切り替わっていきました。
来ている服も洋服に切り替わっていきました。
他にもいろんなものが時代の流れと共に切り替わってきました。

映画”ラストサムライ”は時代と共にいろんなものが切り替わっていく中、戦いとかがある中でも忘れちゃいけないことがある!って感じの映画です。

”人情”や”心”を痛感出来る良い映画だと私は思っています。


エアーブラシは結構な最先端を行く筆です。パソコンで絵を描いたり出来ることも最先端ですが
それぞれに特徴があり、それ特有の独特のものがあります。
エアーブラシを操るにもパソコンのキーやペンタブレットを操るにもそれなりの知識や慣れが必要です。従来の筆もそうです。絵を描く筆も字を書く筆も鉛筆やペンもそうです。
映画の中で刀を持つトムクルーズに向かって侍が、「邪念があってはいけない!無心に!」というシーンがありましたが、それは刀に限らずそれぞれの分野で共通する究極なことではないか?と私は思っています。

刀がピストルに替わっていったように、今はエアーブラシが最先端でも、いつかは時代の流れに押されて無くなっていくと思います。

刀を持つ侍には侍魂があるように、エアーブラシを持つ人にはエアーブラシ魂が自然に宿ります。

最後の侍の長である渡辺健が「最後の句が浮かばない・・・」と言いました。
それに対して異質の外国人侍となったトムクルーズがとっていった行動に感動しました。
終わっていくラストサムライに対して敵がお辞儀をするシーンに感動しました。
映画の終盤で天皇が刀を受け取るシーンが感動しました。
他でもたくさん感動しました。
映画が終わっても、私は涙がとまりませんでした。

刀やピストル、戦いが良いというのではなく、それぞれに盛りの時代があり、それぞれに終わる時があり、それぞれに礼儀や人情があるということを忘れちゃいけない!という映画、人間であることを忘れちゃいけない!と強く感じることができる映画です。

皆さんも映画の登場人物のどれかに当てはまることと思います。
皆さんそれぞれに当てはまった人物の行く末を映画をみて確認してほしいと思っています。

”ラストサムライ”の次は”ラストピストル”だと思います。
”ラスト筆”の次は”ラストエアーブラシ”だと思います。

それぞれをエアーブラシに置き換えて映画”ラストサムライ”をみてもらえれば、きっと私の伝えたいことがわかると思います。

エアーブラシの良さを広めてくれたオリンポスがもうすぐ終わろうとしています。
オリンポスの社長は現在78歳、業界では頑固でワンマンな社長と言われておりましたが、私にはやさしく丁寧にエアーブラシのことを教えてくれる方でした。オリンポスの存在がなければ今のエアーブラシ界はありません。今の自分も居ません。皆さんも居ません。タミヤのエアーブラシもイワタのエアーブラシもAIRTEXのエアーブラシも他もありません。空山さんの絵やSHINさんの絵、ラッセンとかの絵もたぶんないと思います。オリンポスがなくなっていっても、その”心””エアーブラシ愛””エアーブラシ魂”は忘れてはいけないことであり、後世に伝えていくべきことと私は思っております。

edit

簡単エアーブラシ

簡単エアーブラシ・・・。

あなたは何を想像するでしょうか?

ちょっとマニアックな話となりますが興味ある方はお付き合い下さい。

簡単エアーブラシ・・・

エアーブラシの機種で言うならば、オリンポスのHP-83Cや102B、iwataではHP-TR1やTR2とかかなぁ・・・。

エアーテックスでも台湾製の同じようなものが少し前から出ています。


異質なところでは、エアーテックスからハンザブラックとかグラフォというのが上部に引くだけのレバーが付いていて簡単操作できるようになっている機種があります。よりペン感覚で作業がやれるという具合なのですが・・・。

道具販売系のサイトを見ていたら、なにげにそれらのことについて詳しく解説してあったので、私も負けずとこんな書き込みをしています。

そのサイトの解説をみていると最終的にはビギナーにはハンザとかが結構なお勧め品というような感じでしたが、私としてみればちょいと違う”意義アリ!”だったので私的な考えをここでお話しているといった具合です。

ハンザやグラフォ・・・確かに良い感じ・・・でも難もアリなんです。

昔、私がエアブラシのHOW TOを出し始めて間もない頃にその中でハンザブラックを手にしてその実践をビデオ映像で見せたことがあるのですが・・・

ハンザブラック・・・ペン感覚で簡単操作で使いやすい感じはしたのですが、しばらく使用しているとあることに気がつきました。

塗料の出始めポイントが非常につかみにくくて、絵が思うように描けなかった事を覚えております。

グラフォの場合はそうでもなかったのですが、値段が高いので私の場合一般ビギナーの方にはなかなか薦めることは出来ません。
グラフォは今までひとりだけの方にお世話したことがあります。押しボタン式ダブルアクションタイプのエアーブラシをなかなか上手く操ることが出来ず、やむを得ず簡単操作の上にレバーが付いているグラフォをお世話しましたが、現在その方はそれを使わず、国産の押しボタン式ダブルアクションタイプのエアーブラシを上手く操ってファインアートを楽しんでいる様子です。

何を言っているんだこの人!チンプンカンプンでわからない!と思う人がほとんどだと思うので、マニアックな機構的な話や体験談はこれぐらいにしておきます。


結局、私は何を皆さんへ言いたいのか?ですが・・・

「やっぱり、エアーブラシのことを聞くなら、実際にやっている人、キャリアのある人に聞くのが一番!」

「メーカーはメーカー、道具屋さんは道具屋さんでしかない!」

ということです。

メーカーや道具屋さんもエアーブラシをもっと楽しんでくれていればよいのですが、限界があります。
ついつい売ることを優先してしまい、新しく出てきた新商品や新しく見つけた商品をはいちはやく売りたい!というのがついつい出てしまっているような感じがします。

私の場合は、実践で使用してみて良ければ良い物となりますし、悪ければこれは良くない物となります。
道具を販売することが優先されておらず、あせってはいない状態なので、ゆっくりとお試し期間をとっていられるのです。キャリアもあるので良いか悪いか?の判断にも自信があります。ビギナーとエキスパート、プロフェッショナル、使用者のクセ、使用目的、状況等によっての選択も変わってきますが、自分で言うのもなんですが、かなりの確実さです。
エアーブラシの販売数に関しても大きなお店に引けをとらない数を売っていますし、エアーブラシ教室等で各生徒が持っているエアーブラシを手にして指導することもしょっちゅうです。エアーブラシを手にするのもほぼ毎日。売り専攻のメーカーや販売店とは全然違います。

道具屋さんとかは、良いか悪いかを実験的に試したとしても、一時的でしかなく、実際の仕事でいつも使用するわけでもなく、あくまでも道具を販売してなんぼの世界の方ですから・・・。
その点、実際にエアーブラシを使って仕事をしている人は道具の良し悪しで作業性や仕上がり具合が違ってくるので道具選びは真剣です!同じメーカー同じ種類のエアーブラシでも、一本一本を手にするとこれは良いこれはあまり良くないとわかるんです。野球の一流バッターとして有名なイチローや松井もバットの一本一本を手にすれば同じような感じだと思います。やはりいつも使っている人の判断は正しいと思うのです。正しいというか、手にする道具は命みたいなものですから選ぶときも真剣なんです!

少しエアーブラシのことを知っているから、安く仕入れが出来るからといって、うんちく並べて人に商品を売りつけないでほしい!
強く言いたいのであれば、もっとエアーブラシを手にしてほしい!楽しんでいってほしい!極めていってほしい!と私は思ったのです。

一生懸命さは十分に伝わってきますし、一生懸命にやっているから人気もそこそこ、信頼もそこそこあると思います。
でもそれだけエアーブラシの事を熱く語るのであればもっともっとエアーブラシやってよ!とその方に伝えたくてこの書き込みをしました。その方の目に届きますように!パン、パン!

文句の言い合い、ケチのつけ合いのように感じるかもしれませんが、そうでないんです。
こんなことをやっているとエアーブラシの世界がグングン良くなって行くんです!
面と面こそは向き合いませんが、ネットをうまく利用してのエアーブラシの世界を良くしていく会議、エアーブラシの世界を盛り上げていける会議だと思っております。エアーブラシのことを知らない人もこんな投稿を読んだならフムフムといろいろと考え、勉強になっていくと思うんです。

みんな負けない精神でがんばっていけば、エアーブラシの世界はエキサイトしていき益々面白い世界になっていくと思うし、技術や道具もドンドン進歩していくと思うんです。

はやく泳げる水着のように、上手く絵が描けるエアーブラシとかの開発をどんどん進めていこう!って感じです。 ※はやく泳げる水着は着るべき人が着ないとダメなように、エアーブラシも一緒です。基本はまず楽しむことです。

edit
Translation
世界各国の人が読めます。
プロフィール

エアーブラシ男 【T】

Author:エアーブラシ男 【T】
ホームページは こちら
FBページは こちら

カテゴリー
ツイート
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
更新履歴


ここまでやったけど、明日から描き直します! (02/24)

今日もエアーブラシ生配信 (02/20)

エアーブラシでユンボに牛の絵・・・。只今、YouTubeで生配信中です。 (02/19)

総記事数:
リンク
YouTube
エアーブラシペイント作品
QRコード
QR