IS-925の圧力スイッチ

IS-925の圧力スイッチの耐久性がUPしたようです!IS-875もたぶん・・・

自動でオンオフするiwataのエアーコンプレッサーIS-925の故障の原因のほとんどは圧力スイッチにあるのですが、そのスイッチの改善は私の知っている分だけでもこれで3回目です。その他の部分でも改善が何度も繰り返されています。

IS-925(IS-875も含む)は故障の連発でこれが世界のiwataなのか?と思われた方も多いはずですが、

改善をして努力していく様子をみていると・・・エライ!さすが世界のiwataだと思います。

自動でオンオフするエアーブラシ用の静かなコンプレッサーをすすめている私としては、もっともっと良くなれ~!値段も安くなれ~! です。

IS-925のようなエアーコンプレッサーに数リッターのタンク付、お手ごろ価格なエアーブラシ用コンプレッサーの誕生をiwataに期待しています。静かで故障しないタンク付きのコンプレッサーが理想です。値段も極力安く!そうなれば今よりもっとエアーブラシが身近なものとなって、関連した商品も売れていくと思うのです。

商品は良くなってきて良いと思うですが、値段がiwata価格と言われるくらいの強気価格なのでそこが問題・・・商品を売って利益を上げる事が企業のやることですが、商品を売って利益を上げるにはお客のニーズに答えないとっ!利益率の高い高級な新商品開発も良いのですが、売れなくては話にならないのです。続いていかなければ話にならないのです。まずはもっとエアーブラシを始めていく人、楽しんでいく人を大切にしていかないとっ!!良心的にお客のニーズに答えていけば売り上げも自然に上がるのです!
エアーブラシを取り扱う販売店さんも、売ることだけに専念せずに自らもっとエアーブラシを楽しんでいきましょう!

edit

エアーブラシスクール

昔はエアーブラシの技術を教えているところはほとんどなく、独学で学ぶしかなかったのですが、最近では全国各地でエアーブラシの技術を教えるところが年々増えてきています。
各教室それぞれに教え方の違いや特徴があるので、これから学んでいこうとする方はどこのエアーブラシ教室も同じと考えずに、それぞれの教えの違いや特徴を良く理解した上で学び先を選択していけば良いと思います。


<エアーブラシで稼ぎたい方、夢を叶えたいという方へ・・・>
そのお気持ちは十分わかります。しかし、あせりは禁物です。
楽しみながらコツコツと経験を積み重ねていくことが出来れば、自然に仕事としても成り立っていくようになりますし、夢にも近づいていくと思います。簡単な型や下書きに頼ってのエアーブラシ術は誰にでも簡単に出来てしまうという利点の反面、たいした技術ではないと見破られてしまうのも時間の問題だと思っております。エアーブラシは誰にでも簡単に楽しめるものですが、奥は非常に深いもの、そんなところが良いところなのです。
絵を描く技術として高く評価されやすいものは人物画。似せて描くとなればなおさら高度な技、しかし、下書き等に頼って描いているようであればそれは塗り絵にしかすぎないと私は思うようになってきました。そのことをフリーハンド技術とかといって教えているところも多い現状なのですが、本当のフリーハンドの技術は下書きも何も無いキャンバスに絵を描いていく技術なのではないか?と私は考えております。エアーブラシで上手に塗り絵が出来るからといって偉そうにしていては、絵と真面目に取り組んでいる人達に対して大変失礼なことだと思うし、人が考えた有名キャラやアニメを描いて商売をしているようではまだまだという感じがします。HOW TOの中で有名キャラの描き方とかを教えているところもあったりするので無許可?大丈夫?と同業の心配をしてしまうこともあります。エアーブラシで絵を描いて商売をしていくのであればそれなりの勉強をしていかなければいけません。楽して儲かるということはまずありません!もしも楽をして儲けていたなら、いつかバチが当たるのは当然の事です。
エアーブラシの世界はこれからまだまだ伸びていくと思いますが、そんな中でも成功していく方とそうでない方に分かれてくると思います。成功していくためには努力は不可欠ですし、楽をして儲けよう!なんてエアーブラシのことを甘くみていては自ら負け組みに近づいていくようなものです。誰にでも出来てしまう簡単なことで商売をしていてもライバル多しなので一時的には良かったとしてもすぐに経営が苦しくなってきます。そうならないようにTOTAL-Tのエアーブラシ教室では基本飛ばしの教え方ではなく、基本を重要視した応用が効く技術、生き残れる高い技術を教えるようにしています。簡単で楽が良いというような現代ではありますが、エアーブラシを極めていきたい!仕事としてやっていきたい!というのであれば尚更、”簡単” に甘えていてはいけないのです。
エアーブラシをやっていると、夢中になり、楽しい時間がどんどん過ぎていきます。
エアーブラシにはそれだけ夢中になれるほどのパワー、魅力があります。
エアーブラシの良さ、楽しさ、奥深さを皆さんにも是非味わってほしいと思っております。
そのお手伝いをして、少しでも皆さんのお役に立てていければと思っております。


自由に楽しく、下書きトレース無しのフリーハンドで!

どうせならエアーブラシの特徴を上手く活用して、下書きトレース無しの完全フリーハンドで絵を描いていけるようになったほうが良いと私は思っています。

TOTAL-Tでは絵心が無いという方でもエアーブラシを使えば下書きトレース無しでも絵が描ける!ということを中心に教えています。

トレース(下書き)をせずに絵を上手く描いていけるのがエアーブラシの醍醐味、特徴と私は思っています。

仕事となれば様々な手段を使っていけば良いと思っておりますが、下書きに頼っていればそこそこの絵が比較的簡単に描けてしまうために下書きクセがついてしまい、それに頼らないと絵が描けなくなってしまうという非常に怖い現実が待っています。まわりからはスゴイ!上手い!というような感じでアーティスト呼ばわりされているが実は下書きトレースの上からの塗り絵・・・ そんな事をいまさら人には言えないというふうになってしまいます。せっかくなら完全フリーで自由に絵を描けるようになってほしいと思っています。絵心に自信のない人は下書きが無いと絶対に無理!と考えがちですが大丈夫!!

私の場合、はじめの頃は何も知らないのでトレースを頼りに絵を描いていました。
そこそこな絵が描けるようになると周りの人からは「スゴイ!!ところで・・・下書きはしているの?」と聞かれるようになってきました。本当は「下書きなんかしてないよ!」と答えたいのだが、実際にはエアーブラシで下書きの上から塗り絵をしているだけ・・・。周りからはスゴイ!とアーティスト呼ばわりされる中、情けなく思う自分・・・この先どうすればいいのか?と悩む日々がしばらく続きましたが、いろいろとやっているうちにエアーブラシの特徴を活かせば下書きが無くても絵を上手に描いてけるということに気づくことができました。
その時点からようやく絵の勉強をしはじめたのです。
アーティスト呼ばわりされている中からの脱出は非常に辛いものがありました。

これからエアーブラシをやっていく人にそんな辛い思いはさせたくないという訳があって生まれてきたTOTAL-T独自のやり方はやってみるとそんなに難しいものではありません。むしろ、下書きも何もないキャンパスにエアーブラシを使って絵を描いていく醍醐味は抜群です!通常の筆やペンでは得ることが出来ないエアーブラシならではのものがあるのです。TOTAL-Tが教えている専門学校の若い学生達、エアーブラシ教室に通う生徒さん達に教えているやり方はすべて下書き無しでのやり方です。その様子を見ていただければ誰でも出来るんだな~まったく絵心が無いところからでも絵が描けるようになっていくんだな~と納得していただけると思います。TOTAL-Tで学んだ人達はエアーブラシで下書きも何もないキャンパスに向かって絵を進めていく醍醐味を知り、「下書き無しで絵を描く方法で学んで良かった~!」と喜んでくれます。基本が出来てある程度の絵が描けるようになった人には「下書きアリで描いてみてもいいよ!」と言って描かせてみるのですが、下書きアリで絵を描いた感想を聞くと「下書きがあるとなんか面白くない・・・」といった感想がちょくちょく出てきます。下書きがあればエアーブラシを使っての塗り絵をしていくだけ、下書き無しで絵を描いていくことには、下書きアリでは得られない絵を描くことの喜びや醍醐味があるのです。
下書き無しで人の顔を似せて描くというような技術を持つことが出来れば非常に高い技術の持ち主として評価され、仕事としても高い技術代を得ることが可能になってくると思います。

型やマスキング、下書きに頼る技法がエアーブラシの世界ではまだまだ多いという現状なので、今が技術の差をつけれるチャンスです。エアーブラシだからこそ出来る下書き無しで上手に絵を描く技術を是非TOTAL-Tでつかみとって下さい!

「エアーブラシを使えば下書き無しでも上手な絵が描けてしまう!」
「エアーブラシは絵心を芽生えさせてくれるもの!」
と誰もが言うような時代にしていきたいと私は思っております。

「全然自信ない・・・どうしよう・・・」という方も多いと思いますが心配無用!絵心は自然に芽生えてきます!私自身が絵心無しだったので全然大丈夫です。(笑)

要望があればマスキングや下書きトレース有りで絵を描く方法もご指導致しますが、それは独学でも十分に勉強出来ることであって、わざわざお金をかけて人から学ぶという必要もないと思います。近頃ではそのやり方のDVDとかも出回っています。数千円でDVDを購入する程度、簡単な低額の講習を受ける程度のお金のかけ方で十分だと思います。

「出来るものなら下書き無しで上手な絵を描いて行きたい!」という方はTOTAL-Tが出しているHOW TO DVDやエアーブラシ教室で是非学んでみて下さい。
下書きも何もないキャンバスにエアーブラシで絵を描いていく醍醐味は最高です!
ペンや筆の場合はなかなか難しいものがあるけれど、エアーブラシなら出来るんです!エアーブラシの特徴を活かした絵の描き方は決して難しいものではないのです!


--------------------------------------------------------------------------------

TOTAL-Tではとにかく楽しくずっと続けられるように指導しています。上達度合に個人差はありますが、楽しく続けていくことが出来れば上達もどんどんしていきます。

経験や予備知識のある人もまったく経験のない人も、その人に合わせて教えていますのでご安心下さい。

私はエアーブラシアーティスト!なんてまだまだ言えない状態なのですが、私なりに経験で得た絵の描き方や塗装方法など、プラスαの指導が出来ると思います。私と一緒に楽しみながら勉強していくといった感じなので、気を楽にして受講下さい。エアーブラシをやりたい!という強い気持ちだけは忘れずに持ってきて下さいね!(笑)

edit
Translation
世界各国の人が読めます。
プロフィール

エアーブラシ男 【T】

Author:エアーブラシ男 【T】
ホームページは こちら
FBページは こちら

カテゴリー
ツイート
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
更新履歴


はじめてのガンプラ作り・・・ (04/22)

今日はこのへんで… (04/20)

エアーブラシの実演! (04/20)

総記事数:
リンク
YouTube
エアーブラシペイント作品
QRコード
QR