スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit

私が好きなエアーブラシ

私が好きなエアーブラシは・・・

小物へのペイントや絵を描く時等にいろいろと使える
ノズル口径0.4ミリの HP-102C
簡単トリガータイプなので長時間の作業でも手が疲れません。
私が行き着いたノズル口径0.4ミリのベストエアーブラシはHP-102Cです。

hp-102c_2.jpg


ペン感覚で細かな絵を描きたい時には、
ノズル口径0.2ミリの HP-100B
私が行き着いたノズル口径0.2ミリのベストエアーブラシはHP-100Bです。
普段は安めのHP-62Bを使っています。

hp-100b.jpg


でもHP-102CもHP-100Bも値段が高くなってしまっていて、普通の人にはなかなか手が出せないと思います。
なので、
HP-102C と HP-100B の代わりとなる 新HP-102C と HP-62B を勧めさせてもらっています。

HP-62Bの押ボタンをカスタムして変更すればHP-100Bと同等のタッチとなります。


エアーブラシにはいろいろとあって、
オリンポスエアーブラシの場合はラインナップがすごく豊富で200機種以上あります。
人それぞれに興味あるエアーブラシがいろいろあると思いますが、
とりあえずは、新HP-102C HP-62B あたりを持つところからはじめていけば良いと思っています。
誰にでも使える操作が簡単なトリガータイプ1本と、ペン感覚がとりやすくて細かな作業もしやすいダブルアクションタイプ1本の合計2本を持つところからはじめていってもらうのがお勧めです。


エアーブラシの標準口径は0.3ミリって感じなのですが、
0.3ミリの標準エアーブラシをとりあえず1本持ちたい! という場合は、
HP-63C をお勧めいたします。
HP-62B の押しボタンカスタムと同様に、HP-63C の押ボタンをカスタム変更して使うのが私は好きです。

hp-63c.jpg




スポンサーサイト
edit
Translation
世界各国の人が読めます。
プロフィール

T

Author:T
ホームページは こちら
フェイスブックページは こちら

カテゴリー
ツイート
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
更新履歴


フリーハンド (09/11)

エアーブラシ教室を受けたお金を回収する・・・ (09/09)

2003年に作ったTOTAL-Tが教えるHOW TO AIRBRUSH 本 (08/18)

総記事数:
リンク
YouTube
エアーブラシペイント作品
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。